ダウンブローでダフリが完全に直る!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中でボールを打つことです。

ダウンブローのメリットは

・ライが悪くても打てる

・距離が安定する

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ダフリやトップになりにくい

・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ダウンブローに打つためのポイントはいくつかあります。

その中の1つをご紹介します。

(1)ドライバーと同じ打ち方になっていませんか?

ドライバーをたくさん練習していると気づかないうちにアッパー軌道の打ち方になりやすいです。

一番変わりやすいのは「アドレス」です。

ドライバーをアッパー軌道で打っていると本人が気づかないうちにアドレスで右足体重になりがちです。

理想の体重配分は「左足:右足=5:5」です。

ドライバーの練習ばかりをしていると本人が気づかないうちに「左足:右足=4:6」になってしまいます。

アドレスで右足体重になるとインパクトでも右足体重の状態になりやすいです。

右足体重でスイングをするとクラブ軌道の最下点が右に移動するのです。

最下点が右に移動するのでトップやダフリになりやすいです

トップやダフリまではいかなくてもアイアンのあたりが薄くなりがちです。

「最近、アイアンショットでボールのつかまりが悪い」と感じたら要注意!

アドレスの体重配分が原因の可能性は高いです。

ドライバーのようにティーアップして打つならアッパー軌道でも良いのですが、

地面にあるボールをアッパー軌道で打つことはできません。

ボールの前の地面を叩いてしまいます。

(2)アドレスの体重配分のチェック

アドレスの体重配分が狂っていることに本人が気づいていないケースは多いです。

アドレスで右足体重になっているかチェックしてみましょう。

ロングアイアンを使ってアドレスをしてみましょう。

どうでしょうか?

「左足より右足の方に体重が多めにかかっていませんか?」

ロングアイアンは「ボールを上げたい」という意識が働きやすいです。

そのため無意識に右足体重になりやすいです。

アドレスで右足体重ではインパクトでも右足体重になります。

それが「ダウンブローに打てない」の原因です。

「アイアンのあたりが薄い」と感じる原因です。

(3)右足体重を矯正する方法

次に右足体重を矯正する方法をご紹介します。

アドレス時の理想の体重配分は「左足:右足=5:5」です。

現状の体重配分「左足:右足=4:6」を矯正するために左足体重をオーバーに行います。

「左足:右足=7:3」の体重配分でアドレスをします。

左足体重の状態で「体重移動をせずに上半身の回転だけでボールを打ちます」

何度かこの状態でボールを打つと右足体重が矯正されて「左足:右足=5:5」になります。

スイングを直す時は「少しオーバー」に行うと直せます。

その際はミスショットになっても気にすることはありません。

悪い癖を直すことが目的ですから。

応援しています!